読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生やまあり

大学卒業後IT会社に就職してITをやってます。

Chromecastが画面ミラーリングに対応!7月末のアップデートで対応予定。


<スポンサードリンク>

先日のこのブログでいくつかChromecastについて書かせていただきました。

Chromecastでできることまとめてみた。ついでにAppleTVの比較も。 - 人生やまあり

その記事の中でいくつか制約事項を書いてました。

  • Android画面をそのままテレビに表示するミラーリングに非対応
  • タブレットや携帯、PCはChromecastと同じLANネットワークにいる必要あり

なんと先週開催されたGoogle I/O 2014でこれら2つを改善したと発表がありました!!
はやくもアップデートです。さすがGoogle対応はやいですね。

ミラーリングに対応

Android画面をそのままテレビに表示するミラーリングについに対応するらしいです。
前回の記事の中で

パズドラをはじめとするゲームや動画をそのまま表示することはできません。Chromecastに対応しているアプリのみChromecastを利用してテレビに出力することができます。

と書かせていただきましたが、次回のChromecastのアップデート(2014年7月末を予定)で、Chromecastに対応していないニコニコ動画などの画面、パズドラなどのゲーム画面などを直接テレビに映すことが可能になります。(Youtubeは初回からアプリ側で対応済み)

ただし、遅延がそれなりにあるようで、応答速度が重要なゲームをテレビでプレイするのは厳しそうかもしれません。応答速度がそこまで必要のないパズドラは問題ないかも?)

ミラーリングできるAndroidは限られる

7月末のアップデート当初は、ミラーリングに対応する機種は下記のAndoroidに制限されるようです。

  • HTC OneM7
  • LG G2
  • LG G2 Pro
  • Nexus 4
  • Nexus 5
  • Nexus 7(2913)
  • Nexus 10
  • Samsung Galaxy Note3
  • Samsung Galaxy S4
  • Samsung Galaxy S5

他の機種も順次対応していくらしいです。

同じネットワークにいないChromecastを操作可能に

いままではタブレットや携帯、PCなどの端末とChromecastを接続するためには、同じLANネットワーク(例えば同じwifiに接続など)に接続する必要がありましたが、7月のアップデートで同じネットワークでなくとも接続できるようになるらしいです。

例えば友達の家に遊びにいったときに、Chromecastに映すためにはその家のwifiのパスワードを聞いて接続する必要がありましたが、その必要が無くなりそうです。

世界中のChromecastに接続できるわけではない。

同じネットワークに接続する必要はありませんが、接続可能な範囲は近くにあるChromecastのみです。

下記のサイトが参考になりますが、人間が聞こえない周波数の音を飛ばして認証するみたいなので、「音が届く範囲」ということになります。
超音波通信をGoogleのChromecastはペアリングに使うと報じられる - GIGAZINE

画像を変更可能

Chromecastを利用した方は見たことあると思いますが、Chromecastを利用していないとき、きれいな風景の写真のスライドショーが流れます。(自分で変更することはでません。)
今回のアップデートのBackdrop設定でGoogle+の写真やニュース、天気などを表示できるようになるらしいです。

いつから利用できるのか

7月31日からアップデート予定らしいです。
アップデート処理は自動的に実行されるため、ユーザー側で特別な操作を行なう必要はないらしいです。アップデートは数日で全ての「Chromecast」に行き渡る見込みとされています。